NICT logo

研究者紹介

村田 健史


2016/4/4 時点
氏名
むらた  たけし
村田 健史
生年月日 1963年 11月 12日()
博士号博士(工学)
現職情報通信研究機構
所属オープンイノベーション推進本部
ソーシャルイノベーションユニット
総合テストベッド研究開発推進センター
役職研究統括
電話番号042-327-7931
電子メールアドレスken.murata(at)nict.go.jp
研究概要
学歴
主要経歴
受賞等
社会貢献活動
学会活動
論文・著書 等
講演・口頭発表等
上記に含まれない論文・記事・著作物等
広報関係(新聞、テレビ)

研究概要

情報通信技術(ICT)を活用した宇宙・地球科学および人間工学の研究に従事。具体的なテーマは次の通り。
  • 地球磁気圏を含む宇宙空間の電磁環境およびプラズマダイナミクスの研究
  • 宇宙科学および地球科学のための大規模・広域データ技術開発
  • ICT(データ通信、データベース、ヒューマンインターフェース)を活用した社会弱者(特に障碍者)の支援技術

学歴

昭和63年3月京都大学工学部物理工学科卒業
昭和63年4月京都大学大学院工学研究科修士課程機械工学専攻入学
平成 2年3月同上修了
平成 2年4月京都大学大学院工学研究科修士課程電子工学専攻入学
平成 4年3月同上修了
平成 4年4月京都大学大学院工学研究科博士後期課程電子工学専攻入学
平成 7年3月同上単位取得満期退学

主要経歴

平成 7年 4月愛媛大学助手(工学部)(情報工学科)
平成 7年 5月博士(工学)(京都大学)
平成 8年10月愛媛大学講師(工学部)(情報工学科)
平成 9年 4月愛媛大学大学院理工学研究科博士前期課程情報工学専攻担当(研究指導補助)
平成15年 3月愛媛大学助教授(工学部)(情報工学科)
平成15年 3月愛媛大学大学院理工学研究科博士前期課程情報工学専攻担当(研究指導)
平成15年 4月愛媛大学助教授(総合情報メディアセンター)
平成16年 3月愛媛大学大学院理工学研究科博士後期課程システム工学専攻担当(研究指導補助)
平成17年 4月愛媛大学大学院理工学研究科博士後期課程システム工学専攻担当(研究指導)
平成19年 4月愛媛大学准教授(総合情報メディアセンター)
平成20年 4月宇宙航空研究開発機構客員准教授(~平成22年3月)
平成20年10月愛媛大学客員教授(~平成25年3月)
平成20年10月情報通信研究機構グループリーダー(電磁波計測研究センター)(宇宙環境計測グループ)
平成23年 4月情報通信研究機構室長(電磁波計測研究所)(宇宙環境インフォマティクス研究室)
平成24年 9月情報通信研究機構統括(統合データシステム研究開発室)
平成28年 4月情報通信研究機構統括(オープンイノベーション推進本部 ソーシャルイノベーションユニット 総合テストベッド研究開発推進センター)

受賞等


社会貢献活動

(期間未定)世界科学データシステム国内推進会議サイエンスクラウド運営部会 主査
2012/3/19~2014/9/30日本学術会議「情報学委員会国際サイエンスデータ分科会CODATA小委員会」委員
2012/3/19~2014/9/30日本学術会議「情報学委員会国際サイエンスデータ分科会WDS小委員会」委員
2012/3/19~2014/9/30日本学術会議「電気電子工学委員会 URSI分科会プラズマ波動小委員会」委員
2012/1/10~2014/9/30日本学術会議「地球惑星科学委員会 国際対応分科会 STPP小委員会」委員
(2012/5)~2014/2/28第29回ISTS組織委員会プログラム小委員会委員
(2012)~(2013)情報知識学会「情報知識学会誌」編集委員
(2013/5)~2014/3/31HPCIシステム利用研究課題選定レビュアー
(2009/10)~2013/3/31JAXA「科学衛星運用・データ利用センター委員会」委員
2010/4/1~2013/3/31国立大学法人愛媛大学 非常勤講師(客員教授)
(2012/5)~2013/3/31生存圏フォーラム運営委員
2010/4/1~2012/3/31京都大学生存圏研究所「生存圏データベース全国国際共同利用専門委員会」委員
2011/4/1~2012/3/31京都大学生存圏研究所「電波科学計算機実験(KDK)全国国際共同利用専門委員会」委員

学会活動

  • 情報処理学会シニア会員
  • 電子情報通信学会会員
  • 地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)会員
  • 情報知識学会会員
  • IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.)会員

論文・著書 等

研究論文(査読付き論文)

  • 渡邉英伸,黒澤隆,木村映善,水原隆道,村田健史,建部修見,広域分散ファイルシステムにおけるUDTマルチストリームファイル転送ツール,電子情報通信学会論文誌,Vol.J99-D,No.5,pp.514-525,May 2016.
  • Hori , T., Miyashita, Y., Miyoshi, Y., Seki, K., Segawa, T., Tanaka, Y.-M., Keika, K., Shoji, M., Shinohara, I., Shiokawa, K., Otsuka, Y., Abe, S., Yoshikawa, A., Yumoto, K., Obana, Y., Nishitani, N., Yukimatu, A. S., Nagatsuma, T., Kunitake, M., Hosokawa, K., Ogawa, Y., Murata, K. T., Nosé, M., Kawano, H. and Sakanoi, T., CDF data archive and integrated data analysis platform for ERG-related ground data developed by ERG Science Center (ERG-SC), JAXA Research and Development Report: Journal of Space Science Informatics Japan, Vol.JAXA-RR-14-009(ISSN 1349-1113), pp.75-89, 2015.
  • 矢木大介, 村田健史, 笠原禎也, 科学衛星で観測された波形データ処理を用いたNICTサイエンスクラウド上での並列分散処理の評価, 情報知識学会誌,Vol.25, No.1, pp.3-22, 2015.
  • T. Nagatsuma, K. T. Murata, K. Yamamoto, T. Tsugawa, H. Kitauchi, T.Kondo, H. Ishibashi, M. Nishioka, and M. Okada, Operation of a Data Acquisition, Transfer, and Storage System for the Global Space-Weather Observation Network, Vol. 13, October, 2014.
  • 世界科学データシステム(WDS)のための学際的科学データ表示Webの提案,村田健史,鵜川健太郎,村永和哉,鈴木豊,渡邉英伸,是津耕司,山本和憲,篠原育,笠原禎也,岡田雅樹,小嶋浩嗣,能勢正仁,木村映善,建部修見,田中昌宏,情報知識学会誌,Vol.24,No.3,pp.297-320,2014.

    (英語表記)A Web Application of Interdisciplinary Data Analysis Designed for ICSU World Data System, Ken T. Murata, Kentaro Ukawa, Kazuya Muranaga, Yutaka Suzuki, Hidenobu Watanabe, Koji Zettsu, Kazunori Yamamoto, Iku Shinohara, Yoshiya Kasahara, Masaki Okada, Hirotsugu Kojima, Masahito Nose, Eizen Kimura, Osamu Tatebe and Masahiro Tanaka, Journal of Japan Society of Information and Knowledge, Vol.24, No.3, pp.297-320, 2014.

  • NICTサイエンスクラウド運用および利活用報告,村田健史,渡邉英伸,鵜川健太郎,村永和哉,鈴木豊,山本和憲,木村映善,情報知識学会誌,Vol.24,No.3,pp.275-290,2014.

    (英語表記)A Report of the NICT Science Cloud in 2013, Ken T. Murata, Hidenobu Watanabe, Kentaro Ukawa, Kazuya Muranaga, Yutaka Suzuki, Kazunori Yamamoto and Eizen Kimura, Journal of Japan Society of Information and Knowledge, Vol.24, No.3, pp.275-290, 2014.

  • NICTサイエンスクラウドセキュアWeb アプリケーション開発協力手法,渡邉英伸,上野宣,村田健史,情報知識学会誌,Vol.24,No.3,pp.291-296,2014.

    (英語表記)A Method for Cooperation with A Secure Web Application Development by The NICT Science Cloud, Hidenobu WATANABE, Sen UENO, Ken. T. MURATA, Journal of Japan Society of Information and Knowledge, Vol.24, No.3, pp.291-296, 2014.

  • Watanabe, H., Ushiyama, S., Muto, Y., Iwama, T. and Murata, K. T., "Improvement of The Integrity Verification Application using Timestamp Mechanism for Distributed File System," The 38th Annual International Computers, Software & Applications Conference 2014 (COMPSAC2014), Vasteras, Sweden, Jul. 21-25, 2014.
  • 村田健史, 渡邉英伸, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 磯田総子, 山本和憲, 久保田康文, 長妻努, 坂口歌織, 津川卓也, 西岡未知, 建部修見, 田中昌宏, 深沢圭一郎, 才田聡子, 海老原祐輔, 藤田茂, 木村映善, 黒澤隆, 村山泰啓, 永井亨, 水原隆道, 科学研究用クラウドシステム(NICTサイエンスクラウド)の提案, 宇宙科学情報解析論文誌(ISSN 1349-1113), 3, 2014, pp.39-56.
  • 村田健史, 磯田総子, 渡邉英伸, 深沢圭一郎, 山本和憲, 建部修見, 田中昌宏, 木村映善, NICTサイエンスクラウドによる大規模シミュレーションデータ分散可視化処理, 宇宙科学情報解析論文誌(ISSN 1349-1113), 3, 2014, pp.57-70.
  • 久保田康文, 村田健史, 山本和憲, 深沢圭一郎, 坪内健, 地球磁気圏3次元グローバルMHDシミュレーションの磁力線追尾可視化技術, 宇宙科学情報解析論文誌(ISSN 1349-1113), 3, 2014, pp.129-135.
  • Teramoto, M., N. Nishitani, V. Pilipenko, T. Ogawa, K. Shiokawa, T. Nagatsuma, A. Yoshikawa, D. Baishev, and K. T. Murata (2014), Pi2 pulsation simultaneously observed in the E and F region ionosphere with the SuperDARN Hokkaido radar, J. Geophys. Res. Space Physics, 119, 3444–3462, doi:10.1002/2012JA018585.
  • Murata, K. T., Watanabe, H., Yamamoto, K., Kimura, E., Tanaka, M., Tatebe, O., Ukawa, K., Muranaga, K., Suzuki, Y. and Kojima, H., A high-speed data processing technique for time-sequential satellite observation data, IEICE Communications Express, Vol.3(2014), No.2, pp.74-79, 2014.
  • Murata, K. T., Watanabe, H., Ukawa, K., Yamamoto, K. and Zettsu, K., Solar-Terrestrial Physics (STP) database system designed for Linked Open Data and Semantic Web based on RSS1.0 and RDF, 2013 Linked Data in Practice Workshop, Seoul, Korea, Nov. 2013.
  • 渡邉英伸,大垣哲也,岩間司,田光江,村田健史,"広域分散ファイルシステムにおける時刻認証を用いたファイル改竄検証システム," 電子情報通信学会論文誌,Vol.J96-B, No.10, pp.1131-1141, Oct., 2013.
  • Kubota, Y., Yamamoto, K., Fukazawa, K., and Murata, K. T., Visualization of the Flux Rope Generation Process Using Large Quantities of MHD Simulation Data, Data Science Journal, Vol.12, pp.WDS134-WDS138, 2013.
  • Kunitake, M., Yamamoto, K., Watari, S., Ukawa, K., Kato, H., Kimura, E., Murayama, Y. and Murata, K. T., Solar-Terrestrial Data Analysis and Reference System (STARS) - Its High Potentiality for Collaborative Research, Data Science Journal, Vol.12, pp.WDS225-WDS228, 2013.
  • Murata, K. T., Watari, S., Nagatsuma, T., Kunitake, M., Watanabe, H., Yamamoto, K., Kubota, Y., Kato, H., Tsugawa, T., Ukawa, K., Muranaga, K., Kimura, E., Tatebe, O., Fukazawa, K. and Murayama, Y., A Science Cloud for Data Intensive Sciences, Data Science Journal, Vol.12, pp.WDS139-WDS146, 2013.
  • Sakaguchi, K., Miyoshi, Y., Saito, S., Nagatsuma, T., Seki, K. and Murata, K. T., Relativistic electron flux forecast at geostationary orbit using Kalman filter based on multivariate autoregressive model, Space Weather, Vol.11, Issue 2, pp.79-89, Feb., 2013.
  • Watanabe, H., Yamamoto, K., Tsugawa, T., Nagatsuma, T., Watari, S., Murayama, Y. and Murata, K. T., An Integrated Management System of Multipoint Space Weather Observation, Data Science Journal, Vol.12, pp.WDS175-WDS178, 2013.
  • Watari, S., Kato, H., Murata, K. T., Yamamoto, K., Watanabe, H., Kubota, Y. and Kunitake, M., Research Environment and Information Service of Space Weather Cloud, Data Science Journal, Vol.12, pp.WDS209-WDS212, 2013.
  • 亘慎一, 加藤久雄, 村田健史, 山本和憲, 渡邉英伸, 久保田康文, 國武学, 宇宙天気情報サービスとサイエンスクラウド, 宇宙科学情報解析論文誌, 2013年03月号, No.2, Mar., 2013.
  • Fujita, S., Yamagishi, H., Murata, K. T., Den, M. and Tanaka, T., A numerical simulation of a negative solar wind impulse: Revisited, Journal of Geophysial Research, vol.117, A09219, 2012.
  • Nagatsuma, T., Watari, S., Murata, K. T., Space Weather Monitoring and Forecasting Activity in NICT, Transaction of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol.10, No.ists28, 2012.
  • Nishioka, M., Otsuka, Y., Shiokawa, K., Tsugawa, T., Effendy, Supnithi, P., Nagatsuma, T. and Murata, K. T., On Post-Midnight Field-Aligned Irregularities Observed with a 30.8-MHz Radar at a Low Latitude: Comparison with F-Layer Altitude Near the Geomagnetic Equator, Journal of Geophysial Research, Vol.117, A08337, 2012.
  • Ogaki, T., Watanabe, H., Iwama, T., Den, M. and Murata, K. T., Design and Implementation of File Authentication System using Timestamp Mechanism for a Distributed File System, IEICE Technical Report, Vol.IEICE-112, No.250, pp.79-84, 2012.
  • 渡邉英伸, 山本和憲, 村田健史, 木村映善, 亘慎一, 村山泰啓, 宮地英生, 荻野瀧樹, 深沢圭一郎, 3次元可視化パラメータ共有による多地点遠隔ボリュームコミュニケーションシステム,電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J95-D, No.5, pp.1160-117, 2012.
  • Matsuoka, D., Murata, K. T., Yamamoto, K., Fujita, S. and Tanaka, T., Global Magnetohydrodynamic Simulation and Visualization of Magnetic Flux Rope in the Earth’s Magnetotail, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.39, Issue 11, pp.2716-2717, 2011.
  • Saita, S., Kadokura, A., Sato, N., Fujita, S., Tanaka, T., Ebihara, Y., Ohtani, S., Ueno, G., Murata, K. T., Matsuoka, D., Kitamoto, A., Higuchi, T., Displacement of Conjugate Points during a Substorm in a Global Magnetohydrodynamic Simulation, Journal of Geophysical Research-Space Physics, Vol.116, No.A6, A06213, 2011.
  • Tsugawa, T., Saito, A., Otsuka, A., Nishioka, M., Maruyama, T., Kato, H., Nagatsuma, T. and Murata, K. T., Ionospheric disturbances detected by GPS total electron content observation after the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake, Earth Planets Space, Vol.63, No.7, pp.875-879, 2011.
  • 木村映善, 村田健史, 藤川かおり, 文書作成アプリケーションに統合された点字文書作成支援システムの開発と評価,Vol.J94-D, No.2, pp.490-493, 2011.
  • Murata, K. T., Kimura, E., Yamamoto, K., Matsuoka, D., Shimazu, H., Y. Kitamura, Y., Fukazawa, K., Tanaka, J., Ikeda, T. and Kurokawa, Y., A Bandwidth Challenge at Super Computing (SC) Conference: Large-Scale Data Transfer Using 10Gbps Network, Optical Fiber Communication Conference, Optical Society of America Technical Digest, paper OWK4, 2009.
  • 白石隆文, 石坂圭吾, 三宅壮聡, 岡田敏美, 村田健史, 磁気圏プラズマ波動スペクトルにおける低域カットオフ周波数の自動検出法の開発, 電子情報通信学会論文(B), Vol.J92-B, No.4, pp.794-802, 2009.
  • 松岡大祐, 村田健史, 藤田 茂, 田中高史, 山本和憲, 木村映善, Global MHDシミュレーションによる磁気フラックスロープの3次元構造解析, 可視化情報学会論文集, Vol.28, No.6, pp.38-46, 2008.
  • 石倉諭, 村田健史, 久保卓也, 木村映善, 山本和憲, 篠原育, RSS1.0を利用した科学衛星・地上観測データのメタデータ自動収集, 電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J91-B, No.4, pp.499-509, Apr. 2008.
  • 村田健史, H.263符号化による手話動画像実時間配信, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J90-D, No.3, pp.639-648, Mar. 2007.
  • 村田健史, 木村映善, 栗田茂明, VPNを用いた動画像ストリーミング配信による遠隔パソコン要約筆記, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J90-D, No.3, pp.649-661, Mar. 2007.
  • Usui, H., Miyake, Y., Okada, M., Omura, Y., Sugiyama, T., Murata, K. T., Matsuoka, D., Ueda, H., Development and Application of Geospace Environment Simulator for the Analysis of Spacecraft-Plasma Interactions, IEEE Transactions of Plasma Science Special Issue, Vol.34, No.5, pp.2094-2102, Oct. 2006.
  • 木村映善, 村田健史, RSS/RDFを利用した太陽地球系物理観測データのメタデータ配信の検討, 情報処理学会論文誌, Vol.47, No.4, pp.1051-1062, Apr. 2006.
  • Murata, K. T., Yamamoto, K., Matsuoka, D., Matsumoto, H., Okada, M., Mukai, T., Sigwarth, J. B., Fujita, S., Tanaka, T., Yumoto, K., Ogino, T., Shiokawa, K., Tsyganenko, N. A., Green, J. L. and Nagai, T., Development of the Virtual Earth's Magnetosphere System (VEMS), Advances in Polar Upper Atmosphere Research, No.19, pp.135-151, Aug. 2005.
  • Murata, K. T., Kurth, W., Hashimoto, K. and Matsumoto, H., Occultations of auroral kilometric radiation in the vicinity of the Earth, COSPAR Colloquia Series, Vol.16, pp.220-223, 2004.
  • 松岡大祐, 村田健史, 山本和憲, 3次元可視化とバーチャルリアリティシステムによる宇宙プラズマシミュレーションの新しい解析手法, 可視化情報学会学会誌, Vol.24, No.95, pp.250-254, Oct. 2004.
  • 村田健史, 遠隔点字印刷システム, 電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J87-B, No.7, pp.1029-1032, Jul. 2004.
  • 村田健史, 吉松靖文, PDAによる自閉症児のためのタイムエイドの提案, 情報処理学会論文誌, Vol.45, No.5, pp.1493-1496, May. 2004.
  • 杉山徹, 寺田直樹, 村田健史, 大村善治, 臼井英之, 松本紘, LISTVEC指示行を使った多粒子シミュレーションの大規模化(主メモリを節約し、かつ高速化を可能にする一つの方法),情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol.45, No.SIG6(ACS6), pp.171-175, May. 2004.
  • 村田健史, ヌルディヤナ・ガーニ, 橋本弘蔵, 松本紘, 荻野龍樹, バーチャル地球磁気圏システムの提案, 電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J87-B, No.2, pp.309-313, Feb. 2004.
  • 村田健史, 国際太陽地球系物理観測の広域分散データベースシステム, 電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J86-B, No.7, pp.1331-1343, Jul. 2003.
  • Murata, K. T., A Software System Designed for Solar-Terrestrial data Analysis and Reference via OMT Methodology, Today and Tomorrow of the Science and Technology Exchange between Ehime University-Japan and Ecole Centrale de Nantes-France, pp.16-22, 2002.
  • 村田健史, 岡田雅樹, 阿部文雄, 荒木徹, 松本紘, 太陽地球系物理観測の分散メタデータベースの設計と評価, 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.43, No.SIG12 (TOD16), pp.115-130, Dec. 2002.
  • 村田健史, Nuridiyana binti Abdul Gahni, 臼井英之, 上田裕子, 岡田雅樹, 大村善治, 松本紘, 宇宙プラズマ計算機シミュレーションの問題解決環境の提案, 情報処理学会論文誌:数理モデルと応用, Vol.43, No.SIG7 (TOM6), pp.105-117, Sep. 2002.
  • 村田健史, 上岡功治, 高橋誠治, 岡田雅樹, 上田裕子, 大村善治, 松本紘, プラズマ電磁粒子コードの並列化手法と速度向上率の評価, 情報処理学会論文誌:数理モデルと応用, Vol.43, No.SIG7 (TOM6), pp.118-131, Sep. 2002.
  • 村田健史, 上田裕子, 上岡功治, 臼井英之, 岡田雅樹, 大村善治, 松本紘, オブジェクト指向開発技法によるプラズマ粒子シミュレーションコードの開発, 電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J85-B, NO.8, pp.1411-1425, Aug. 2002.
  • 村田健史, プラズマシミュレーション支援環境PocketPOMの試作, 電子情報通信学会論文誌(B)、Vol.J85-B, No.4, pp.573-578, Apr. 2002.
  • Ueda, H. O., Nakata, M., Murata, K. T., Usui, H., Okada, M. and Ito, K., An object-oriented design of electromagnetic wave simulator for multi schemes, Tech. of Const. Microwave Simulators, IEICE Trans. Ele. Vol.E84-C, No.7, pp.967-972, Jul. 2001.
  • 村田健史, 無線ネットワークによる遠隔手話のための動画像通信実験, 電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J84-B, No.5, pp.940-944, May. 2001.
  • 氏間和仁, 村田健史, 弱視者に配慮したHTML教材とビューアの試作と評価, 教育システム情報学会, Vol. 17, No.3, 秋号, pp.415-424, Oct. 2000.
  • Kurth, W., Murata, K. T., Lu, G., Gurnett, D. A. and Matsumoto, H., Auroral kilometric radiation and the auroral electrojet index for the January 1997 magnetic cloud event, Geophysical Research Letters, Vol.25, No.15, pp.3027-3030, 1998.
  • Lui, A. T. Y., Williams, D. J., McEntire, R. W., Ohtani, S., Zanetti, L. J., Bristow, W. A., Greenwald, R. A., Newell, P. T., Christon, S. P., Mukai, T., Tsuruda, K., Yamamoto, T., Kokubun, S., Matsumoto, H., Kojima, H., Murata, K. T., Fairfield, D. H., Lepping, R. P., Samson, J. C., Rostoker, G. and Reeves, G. D., Multipoint study of a substorm on February 9,1995, Journal of Geophysical Research, Vol.103, No.A8, pp.17333-173434, 1998.
  • Hashimoto, K., Matsumoto, H., Murata, K. T., Kaiser, M. L. and Bougeret, J.-L., Comparison of AKR simultaneously observed by the GEOTAIL and WIND spacecraft, GEOPHISICAL RESEARCH LETTERS, Vol.25, No.6, pp.853-856, Mar. 1998.
  • Kasaba, Y., Kojima, H., Matsumoto H. and Murata, K. T., Search for Jovian Hectometric and Kilometric Radiation by GEOTAIL Spacecraft during the Impact of Comet Shoemaker-Levy 9, Journal of Geomagnetism and Geoelectricity, Vol.48, No.4, pp.361-370, Apr. 1996.
  • Kawano, H., Nishida, A., Fujimoto, M., Mukai, T., Kokubun, S., Yamamoto, T., Terasawa, T., Hirasawa, M., Saito, Y., Machida, S., Yumoto, K., Matsumoto, H. and Murata, K. T., A Quasi-stagnant Plasmoid Observed With GEOTAIL on October 15, 1993, Journal of Geomagnetism and Geoelectricity, Vol.48, No.5, 6, pp.525-539, Jun. 1996.
  • Murata, K. T., Matsumoto, H., Kojima, H., Fujita, A., Nagai, T., Yamamoto, T. and Anderson, R. R., Estimation of Tail Reconnection Lines by AKR Onsets and Plasmoid Entries Observed with GEOTAIL, Geophysical Research Letters, Vol.22, No.14, pp.1849-1852, Jul. 1995.
  • Hashimoto, K., Matsumoto, H., Kojima, H., Murata, K. T., Nagano, I., Okada, T., Tsuruda, K., and Iyemori, T., Auroral myriametric radiation observed by GEOTAIL, Geophysical Research Letters, Vol.21, No.25, pp.2727-2930, Dec. 1994.
  • 村田健史, 松本英治, 柴田俊忍, 異なる弾性体の接合による超音波のひずみスペクトルの変化, 日本機械学会論文集(A編), Vol.57, No.534, pp.184-191, Feb. 1990.

学術解説

  • 村田健史,サイエンスクラウドは第四の研究基盤となるか?,学術の動向, vol.17, No.6, pp.42-47, 2012.
  • 村田健史,NICTサイエンスクラウドによる新しい科学研究の姿,情報管理, Vol.55, No.8, pp.552-561, 2012.
  • 村田健史,日本で唯一の宇宙天気予報機関:情報通信研究機構,太陽紫外線防御研究委員会, 学術報告, Vol.22, No.1, pp.19-22, 2012.
  • 村田健史, 障害者の情報技(IT)利用, 教育システム情報学会誌, Vol.18, No.2(夏号), pp.248-250, Jul. 2001.
  • Murata, K. T., Omura, Y. and Matsumoto, H., Study of Ion Dynamics in the Reconnection Site: Two-Dimensional Hybrid Code Computer Experiments, STEP (Solar-Terrestrial Energy Program) Simulation Promotion Office SIMPO Newsletter, Vol.4, No.10, pp.12-14, May. 1994.
  • Murata, K. T., Omura Y. and Matsumoto, H., Study of Ion Dynamics and Excited Waves Caused by X-type Reconnection: 2D Hybrid Code and MHD Code Simulation, STEP (Solar-Terrestrial Energy Program) Simulation Promotion Office SIMPO Newsletter, Vol.2, No.6, pp.48-49, Mar. 1993.

著書

無し

講演・口頭発表等

収録論文(国際会議論文)

  • [peer-reviewed] Murata, K. T., Pavarangkoon, P., Yamamoto, K., Nagaya, Y., Katayama, N., Muranaga, K., Mizuhara, T., Takaki, A. and Kimura, E., An Application of Novel Communications Protocol to High Throughput Satellites, The 7th IEEE Annual Information Technology, Electronics and Mobile Communication Conference (IEMCON2016), Vancouver, Canada, Oct. 13-15, 2016.
  • [peer-reviewed] Murata, K. T., Muranaga, K., Yamamoto, K., Nagaya, Y., Pavarangkoon, P., Satoh, S., Mizuhara, T., Kimura, E., Tatebe, O., Tanaka, M. and Kawahara, S., Real-time 3D Visualization of Phased Array Weather Radar Data via Concurrent Processing in Science Cloud, The 7th IEEE Annual Information Technology, Electronics and Mobile Communication Conference (IEMCON2016), Vancouver, Canada, Oct. 13-15, 2016.
  • [peer-reviewed] Murata, K. T., Pavarangkoon, P., Yamamoto, K., Nagaya, Y., Muranaga, K., Mizuhara, T., Takaki, A., Tatebe, O. and Kimura, E., Multiple Streams of UDT and HpFP Protocols for High-bandwidth Remote Storage System in Long Fat Network, The 7th IEEE Annual Information Technology, Electronics and Mobile Communication Conference (IEMCON2016), Vancouver, Canada, Oct. 13-15, 2016.
  • [peer-reviewed] Pavarangkoon, P., Murata, K. T., Okada, M., Yamamoto, K.,Nagaya, Y., Mizuhara, T., Takaki, A.,Muranaga, K. and Kimura, E., Bandwidth Utilization Enhancement for INTELSAT Satellite Network, The 7th IEEE Annual Information Technology, Electronics and Mobile Communication Conference (IEMCON2016), Vancouver, Canada, Oct. 13-15, 2016.
  • [peer-reviewed] Murata, K. T., Pavarangkoon, P., Suzuki, K., Yamamoto, K., Nagaya, Asai, T., Kan T., Katayama N., Yahata M., Muranaga, K., Mizuhara, T., Takaki, A. and Kimura, A High-Speed Data Transfer Protocol for Geostationary Orbit Satellites, 2016 International Conference on Advanced Technologies for Communications (ATC), Hanoi, Vietnam, Oct. 12-14, 2016.
  • [peer-reviewed] Murata, K. T., Pavarangkoon, P., Yamamoto, K., Nagaya, Y., Satoh, S., Muranaga, K., Mizuhara, T., Takaki, A. and Kimura, E., Improvement of Real-time Transfer of Phased Array Weather Radar Data on Long-Distance Networks, The 2016 International Conference on Radar, Antenna, Microwave, Electronics and Telecommunications (2016ICRAMET), Jakarta, Indonesia, Oct. 3-5, 2016.
  • [peer-reviewed] K. T. Murata, P. Pavarangkoon, K. Yamamoto, Y. Nagaya, T. Mizuhara, A. Takaki, K. Muranaga, E. Kimura, T. Ikeda, K. Ikeda, and J. Tanaka, A Quality Measurement Tool for High-Speed Data Transfer in Long Fat Networks, 24th International Conference on Software, Telecommunications and Computer Networks (SoftCOM2016), Split, Croatia, Sep. 22-24, 2016.
  • Watanabe, H., Ushiyama, S., Muto, Y., Iwama, T. and Murata, K. T., "Improvement of The Integrity Verification Application using Timestamp Mechanism for Distributed File System," The 38th Annual International Computers, Software & Applications Conference 2014(COMPSAC2014), Vasteras, Sweden, Jul. 21-25, 2014 (in press).
  • Murata, K. T., Watanabe, H., Kasahara, Y., Yagi, D., Kasai, Y., Ishii, S., Yamamoto, K., Kimura, E., Tanaka, M., Tatebe, O., Ukawa, K., Muranaga, K., Suzuki, Y. and Kojima, H., "New techniques of high-speed data processing for spacecraft observation data via NICT Science Cloud", IEICE-SANE2013-94, IEICE-113, No. 335, pp. 133-138, 2013.
  • Tsugawa, T., Nishioka, M., Maruyama, T., Nagatsuma, T., Murata, K. T., Ishii, M., Saito, A., Otsuka, Y., Saito, S., High-Resolution Ionospheric Total Electron Content Observations Using Dense GNSS Receiver Networks, ENRI Int. Workshop on ATM/CNS, 2013.
  • Murata, K. T., Yamamoto, K., Kimura, E., Kimura, N., A Web application designed for Earth Environment Observation Data and its Semantic Web, International Symposium: Fifty Years after IGY, 2008.
  • Matsuoka, D., Murata, K. T., Fujita, S. and Tanaka, T., 3D Visualizations and Analyses of Magnetic Flux Rope, 2007 AOGS 4th Annual Meeting, IWG08-A0010, Jul-Aug, 2007.
  • Kubo, T., Murata, K. T., Kimura, E., Ishikura, S., Shinohara, I., Kasabe, Y., Watari, S., and Matsuoka, D., An STP Semantic Web Technique and Service using the RSS1.0 and RDF, 2007 AOGS 4th Annual Meeting, IWG08-A0005, Jul-Aug, 2007.
  • Yamamoto, K., Murata, K. T., Kimura, E. and Tatebe, O., Development of the Large-Scale Statistical Analysis System of Satellites bservations Data with Grid Datafarm Architecture, 2007 AOGS 4th Annual Meeting (CD-ROM), IWG08-A0007, Jul-Aug. 2007.
  • [ivited]Yamamoto, K., Murata, K. T., Kimura, E. and Honda, R., Development of a 3-D Visualization Environment for Integration and Analysis of Computer Simulations and Satellites and Ground-based Observations based on Grid Environments, the 20th International CODATA 2006 Conference Abstract, pp.89-90, Oct. 2006.
  • Lina, L. and Murata, K. T., A Software Designed For STP Data Plot and Analysis Based on Object-oriented Methodology, 2006 AGU Fall Meeting, IN13D-1179, Dec. 2006.
  • Murata, K. T., Matsuoka, D., Kubo, T., Shimazu, H., Tanaka, T., Fujita, S., Watari, S., Miyachi, H., Yamamoto, K., Kimura, E. and Ishikura, S., A Real-time 3D Visualization of Global MHD Simulation for Space Weather Forecasting, 2006 AGU Fall Meeting, IN31A-1315, Dec. 2006.
  • Iwamoto, K., Murata, K. T., Kimura, E., Umehara, M., and Miyachi, H., 3-D volume communication system and its application to e-Learning, 2006 AGU Fall Meeting, IN31A-1319, Dec. 2006.
  • Kimura, E., Murata, K. T., Ishikura, S., Nakamura, R., Suzuki, S., Iwata, H., Hirahara, M., Shinohara, I., Kasaba, Y., and Kubo, T., A Portal Service of Earth Observation Data via Google Earth, 2006 AGU Fall Meeting, IN33A-1327, Dec. 2006.
  • Kubo, T., Murata, K. T., Kimura, E., Ishikura, S., Shinohara, I., Kasaba, Y., Watari, S. and Matsuoka, D., The STP (Solar-Terrestrial Physics) Semantic Web based on the RSS1.0 and the RDF, 2006 AGU Fall Meeting, IN43D-08, Dec. 2006.
  • Yamamoto, K., Murata, K. T., Kimura, E. and Honda, R., Development of the Large-Scale Statistical Analysis System of Satellites Observations Data with Grid Datafarm Architecture, 2006 AGU Fall Meeting, IN53B-0825, Dec. 2006.
  • Ishikura, S., Kimura, E., Murata, K. T., Kubo, T. and Shinohara, I., Automatic Meta-Data Collection of STP Observation Data, 2006 AGU Fall Meeting, IN54A-07, Dec. 2006.
  • Matsuoka, D., Murata, K. T., Fujita, S., Tanaka T., and Yamamoto, K., 3D Visualization Analysis of Magnetic Flux Rope in the Earth’s Magnetotail, 2006 AGU Fall Meeting, SM53A-1426, Dec. 2006.
  • Murata, K. T., Ishikura, S., Kimura, E., Iwamoto, K., Kubo, T., The Solar-Terrestrial Data Analysis and Reference System Degigned Based on Web Service, the 20th International CODATA 2006 Conference Abstract, pp.194-195, Oct. 2006.
  • Kubo, T., Murata, K. T., Kimura, E., Ishikura, S. and Shinohara, I., Automatic Meta Data Collection System for Satellite and Ground-based Observation Data by the STARS RSS1.0, the 20th International CODATA 2006 Conference Abstract, pp.50-51, Oct. 2006.
  • Matsuoka, D., Murata, K. T., Shimazu, H. et al., A Real-time 3D Visualization of Global MHD Simulation for Space Weather Forecasting, the 20th International CODATA 2006 Conference Abstract, pp.96-97, Oct. 2006.
  • Murata, K. T., Ishikura, S., Kimura, E., Nakamura, R., Suzuki, S. et al., A Portal Service of Earth Observation Data via Google Earth, the 20th International CODATA 2006 Conference Abstract, pp.216-217, Oct. 2006.
  • Murata, K. T., A Study of IMF's Penetration into the Earth's Magnetotail and Magnetic Flux Rope via Global MHD Simulations, AOGS 3rd Annual Meeting 2006, p.120, Jul. 2006.
  • Yamamoto, K., Murata, K. T., Matsuoka, D., Kimura, E., The Virtual Earth's Magnetosphere System, AOGS 3rd Annual Meeting 2006, Abstract ID:59-IWG-A1198, p.121, Jul. 2006.
  • Kimura, E., Murata, K. T., Yamamoto, K., Ishikura, S., An XML Web Service System for the Solar-Terrestrial Physics Observation Meta-Data, AOGS 3rd Annual Meeting 2006, Abstract ID:59-IWG-A1194, p.120, Jul. 2006.
  • Matsuoka, D., Murata, K. T., Fujita, S., Tanaka, T., Matsumoto, H. and Omura, Y., A Study of IMF's Penetration of the Earth's Magetotail via 3-D Global MHD Simulations and Virtual Reality System, 2005 AGU Fall Meeting, SM13A-0329, Dec. 2005.
  • Murata, K. T., Kimura, E. and Shinohara, I., The Solar-Terrestrial data Analysis and Reference System, 2005 AGU Fall Meeting, IN42A-07, Dec. 2005.
  • Murata, K. T., Fujiyoshi, S., Cafiero, J. M., Yoshimatsu, Y., Inoue, M. and Kimura, E., RAINMAN Toolkit: A tool for assisting children with autistic spectrum disorders, CSUN's 20th Annual International Canference, (Session #2372), Mar. 2005.
  • Murata, K. T. and STARS Team, A Proposal of Next-Generation Database for Solar-Terrestrial Researches, CAWSES Kickoff Meeting, pp.136-137, 2004.
  • Murata, K. T. and Kimura, E., A Virtual Earth Magnetospheric System, 2004 Asia-Pacific Radio Science Conference Proceedings, Qingdao, China, pp.578-581, Aug. 2004.
  • Sugiyama, T., Terada, N., Murata, K. T., Okada, M., Shinohara, I., Nakamura, M., Ueda, H., Omura, Y., Ogino, T. and Usui, H., Geospace Environment Simulation by Plasma Simulation Codeson Vector-Parallel Ultra Super Computer (Earth Simulator), IUGG2003 Abstracts week A, p.A341, Oct. 2003.
  • Murata, K. T., Solar-Terrestrial Data Analysis and Reference System: STARS, IUGG2003 Abstracts week A, p.346, Oct. 2003.
  • Murata, K. T., Virtual Earth Magnetosphere System: A New Research Environment for Earth and Space Science Based on Virtual Reality System and Network Database, IUGG2003 Abstracts week A, p.A340, Oct. 2003.
  • Murata, K. T., Demonstration of VEMS (Virtual Earth Magnetosphere System) and STARS (Solar-Terrestrial Data Analysis and Reference System, IUGG2003 Abstracts week A, p.A340, Oct. 2003.
  • Murata, K. T., Usui, H., Omura, Y., Matsumoto, H., and Ueoka, K., A Multi-Scale Technique for Plasma Simulation and Application, International Union of Radio Science The XXVIIth General Assembly Programme Poster Presentations, p.144, 2002.
  • Murata, K. T., A Software System Designed for Solar-Terrestrial Data Analysis and Reference via OMT Methodology, Proceeding of 2nd EU-ECN Joint Seminar 2001 Matsuyama, Japan, pp.16-22, Nov. 2001.
  • Murata, K. T., Nurdiyana, A. G., Hashimoto, K. and Matsumoto, H., An Electromagnetic Simulator for 3D Ray-Tracings of the AKR, Proceedings of 2001 Asia-Pacific, Radio Science Conference Chuo University, Tokyo, Japan, p.219, Aug. 2001.
  • Murata, K. T., Omura, Y. and Matsumoto, H., A Study of Wave-Particle Interactions near the Neutral Sheet during Compression of Plasma Sheet in the Magnetotail: Hybrid code and KEMPO code Computer Simulations, Proceedings of 2001 Asia-Pacific, Radio Science Conference Chuo University, Tokyo, Japan, p.226, Aug. 2001.
  • Anderson, R. R., Gurnett, D. A., Frank, L. A., Sigwarth, J. B., Matsumoto, H., Hashimoto, K., Kojima, H., Kasaba, Y., Kaiser, M. L., Rostoker, G., Bougeret, J.-L., Steinberg, J.-L., Nagano, I., Murata, K. T., Singer, H. J., Onsager, T. G. and Thomsen, M. F., GEOTAIL, Polar, Wind, Canopus, and ISTP Associated Geosynchronous Satellite Observations of Plasma Wave Emissions and Related Magnetrospheric Phenomena during Substorms, Substorms-4, Astrophysics and Space Science Library, Vol.238, No.567-572, Aug. 1998.
  • Murata, K. T., Yamaguchi, H., Kurth, W., Hashimoto, K. and Matsumoto, H., AKR Propagation in the Vicinity of the Earth, Substorms-4, Astrophysics and Space Science Library, Vol.238, pp.581-584, May. 1998.
  • Murata, K. T., Omura, Y., Matsumoto, H., Ugai, M. and Takahashi, S., Two-Dimensional Hybrid Code and MHD Code Simulations at the Tail Reconnection Region, Proceedings of the Fifth International School/Symposium for Space Simulations, pp.138-141, Mar. 1997.
  • Murata, K. T., Matsumoto, H., Kojima, H. and Iyemori, T., Correlation of AKR Index with Kp and Dst Indices, Proceedings of the NIPR (National Institute of Polar Research) Symposium on Upper Atmosphere Physics, No.10, pp.64-68, Jan. 1997.
  • Murata, K. T., Matsumoto, H., Kojima, H., Iyemori, T. and Nagai, T., Substorm Onsets Measured by the AKR Index, Solar-Terrestrial Predictions-V Proceedings of a Workshop at Hitachi, pp.271-276, Jan. 1996.

収録論文(紀要・Proceedings)

  • 磯田総子, 村田健史, 渡邉英伸, 深沢圭一郎, 山本和憲, 建部修見, 田中昌宏, 木村映善, NICTサイエンスクラウド ~ ビッグデータ分散処理性能検証 ~, 信学技報 IEICE-SC2013-4, Vol.113, No.86, pp.19-24, 2013.
  • 磯田総子, 村田健史, 深沢圭一郎, 渡邉英伸, 海老原祐輔, 才田聡子, 久保田康文, 木村映善, 地球磁気圏MHDシミュレーションの高時間分解能可視化, 可視化情報全国講演会2013(会津), 可視化情報学会学会誌 可視化情報, Vol.33, No.2, pp.247-248, 2013.
  • 磯田総子, 村田健史, 渡邉英伸, 深沢圭一郎, 山本和憲, 久保田康文, 笠井康子, 佐藤晋介, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 黒澤隆, 木村映善, 建部修見, 田中昌宏, NICTサイエンスクラウド ~ 地球科学・宇宙科学ビッグデータ分散処理技術 ~, 電子情報通信学会, パターン認識, メディア理解研究会(PRMU), 信学技報 PRMU2013-62, Vol.113, No.230, pp.29-34, 2013.
  • 村田健史, 渡邉英伸, 山本和憲, 久保田康文, 建部修見, 田中昌宏, 深沢圭一郎, 木村映善, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 磯田総子, Gfarm/PwrakeによるNICTサイエンスクラウドの並列分散処理技法, 情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC), Vol.2013-HPC-139, No.9, pp.1-6, 2013.
  • 村田健史, 渡邉英伸, 是津耕司, 黒澤隆, 小嶋浩嗣, 鵜川健太郎, 木村映善, 建部修見, 田中昌宏, セマンティックWebと高解像度可視化技術の融合の一提案, 人工知能学会 第31回セマンティックウェブとオントロジー研究会, SIG-SWO-A1302-01, pp. 1-9, 2013.
  • 村田健史, 渡邉英伸, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木 豊, 磯田総子, 山本和憲, 建部修見, 田中昌宏, 木村映善, 佐藤晋介, NICTサイエンスクラウド ~ 科学研究用クラウドの有効性と基本性能 ~, 電子情報通信学会, サービスコンピューティング研究会(SC), 信学技報 IEICE-SC2013-2, Vol.113, No.89, pp.5-11, 2013.
  • 村田健史, 磯田総子, 深沢圭一郎, 渡邉英伸, 田中昌宏, 木村映善, 山本和憲, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 並列分散処理による超高速化可視化手法, 可視化情報全国講演会2013(会津), 可視化情報学会学会誌 可視化情報, Vol.33, No.2, pp.255-256, 2013.
  • 渡邉英伸, 村田健史, 磯田総子, 建部修見, 田中昌宏, 木村映善, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, クラウドとビッグデータ時代の可視化, 可視化情報全国講演会2013(会津), 可視化情報学会学会誌 可視化情報, Vol.33, No.2, pp.71-72, 2013.
  • 村田健史, 渡邉英伸, 鵜川健太郎, 山本和憲, 是津耕司, NICTサイエンスクラウド ~ 科学データのRSSを用いたクローリングとLinked Open Dataに向けた取り組み ~, 電子情報通信学会, 人工知能と知識処理研究会(AI), サービスコンピューティング研究会(SC), 信学技報 IEICE-AI2013-18, IEICE-SC2013-12, Vol.113, No.178(AI), No.179(SC), pp.19-24, 2013.
  • 村田健史, 磯田総子, 渡邉英伸, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 黒澤隆, 木村映善, 建部修見, 田中昌宏, 山本和憲, 長妻努, 津川卓也, 佐藤晋介, 笠井康子, NICTサイエンスクラウド ~ 地球規模観測ネットワークからのデータ収集・データベース・データ処理 ~, 電子情報通信学会, パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), 信学技報 PRMU2013-61, Vol.113, No.230, pp.23-28, 2013.
  • 渡邉英伸, 黒澤隆, 一岡翔太郎, 木村映善, 村田健史, 建部修見, UDTを用いた並列ファイル転送技術, 情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC), Vol.2013-HPC-139, No.8, pp.1-8, 2013.
  • 渡邉英伸, 岩間司, 村田健史, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 木村映善, 建部修見, 広域分散ストレージの品質保証(SLA)の提案と安定性試験, 電子情報通信学会情報ネットワーク研究会 (IN) , 福井大学, Jun, 2013.
  • 渡邉英伸, 岩間司, 村田健史, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 木村映善, 建部修見, 高杉英利, 亀澤祐一,NICTサイエンスクラウド ~ 広域分散ファイルシステムのセキュリティ機能拡張の要件 ~, 電子情報通信学会, サービスコンピューティング研究会(SC), 信学技報 IEICE-SC2013-3, Vol.113, No.86, pp.13-18, 2013.
  • 大垣哲也, 渡邉英伸, 梅野健, 岩間司, 田光江, 村田健史, “Science Cloud”における科学計算向けクラウドストレージに対するタイムスタンプ認証の設計と実装, 第3回複雑コミュニケーションサイエンス研究会(CSS), 東京理科大学, Apr., 2012.
  • Matsuoka, D., Murata, K. T., Fujita, S., Tanaka, T., Yamamoto, K. and Ohno, N., 3D Visualization and Visual Data Mining, Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, Vol.56, Nos.1-4, pp.507-517, 2011.
  • Murata K. T., Kimura E., Yamamoto, K., Watari, S., Kato H., Morikawa Y., Zettsu, K., Kidawara, Y. and Shimojo, S., An STP Semantic Web Technique and Service Using RSS 1.0 and RDF, Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, Vol.56, Nos.1-4, pp.519-520, 2011.
  • Yamamoto, K., Kimura, E., Murata, K. T., Tatebe, O., Matsuoka, D. and Miyachi, H., Distributed Parallel Processing Based on Grid Datafarm Architecture, Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, Vol.56, Nos.1-4, pp.493-505, 2011.
  • 松岡大祐, 村田健史, 藤田茂, 田中高史, 山本和憲, 大野暢亮, 3次元可視化とビジュアルデータマイニング, 情報通信研究機構季報, Vol.55, Nos.1-4, pp.459-469, 2010.
  • 村田健史, 木村映善, 山本和憲, 亘慎一, 加藤久雄, 森川靖大, 是津耕司, 木俵豊, 下條真司, RDFを用いたデータ収集技法による太陽地球系科学セマンティックWeb構築の試み , 情報通信研究機構季報, Vol.55, Nos.1-4, pp.471-491, 2010.
  • 山本和憲, 木村映善, 村田健史, 建部修見, 松岡大祐, 宮地英生, グリッドデータファームによる並列分散処理, 情報通信研究機構季報, Vol.55, Nos.1-4, pp.447-458, 2010.
  • 江越貴広, 村田健史, 吉松靖文, 木村映善, 岡本 健, BREWアプリを用いた発達障害児のため生活支援ツールの研究開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vo.106, No.485, pp.49-54, Jan. 2007.
  • 加地正法, 村田健史, 木村映善, 氏間和仁, 点字用XML(BrailleML)の提案 ~ ODFからBrailleMLへの変換 ~, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.485, pp.31-36, Jan. 2007.
  • 関加奈子, 三好由純, 海老原祐輔, 中村雅夫, 家田章正, 松本洋介, 能勢正仁, 田中高史, 小原隆博, 島津浩哲, 品川裕之, 大村善治, 加藤雄人, 樋口知之, 村田健史, 星野真弘, 藤本正樹, 前澤冽, 篠原育, 家森俊彦, 町田忍, 宮下幸長, 渡部重十, 長井嗣信, 寺沢敏夫, 増田智, 片岡龍峰, 新堀淳樹, 堀智昭, 浅井佳子, 山田学, 小松研吾, ERGプロジェクトチーム小野高幸, RERG計画における理論・データ解析・モデリングの役割:総合型ジオスペース研究に向けて, 日本地球惑星科学連合2007年大会報告, May, 2007.
  • 村田健史, 木村映善, 加地正法, 栗田茂明, VPNを用いた動画像ストリーミング配信による遠隔パソコン要約筆記, 第5回生活支援工学系学会連合大会, pp.171, Oct. 2007.
  • 村田健史, 吉松靖文, 木村映善, 岡本健, 西田勝, 高橋良司, 発達障害児・者の日常生活を支援するためのPIMツール:RAINMAN3, 第5回生活支援工学系学会連合大会, pp.70, Oct. 2007.
  • 山本和憲, 村田健史, 木村映善, Grid Datafarm における太陽地球系観測データの大規模統計解析の試み, 情報処理学会研究報告, 2006-HPC-107, No.40, pp.233-238, Aug. 2006.
  • 加地正法, 村田健史, 木村映善, BrailleMLの開発の試み, The First Symposium on Complex Medical Engineering Kyoto 2006 ICME, pp.190-191, May. 2006.
  • 村田健史, 平田浩一, SCSとインターネットテレビ会議システムによる南極(昭和基地)と北極(キルナ)との3地点同時中継, NIME Newsletter, No.11(冬), pp.6-7, Feb. 2007.
  • 村田健史, 木村映善, 栗田茂明, 加地 正法, 遠隔パソコン要約筆記の入力者間での遅延による影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.485, pp.37-42, Jan. 2007.
  • 山本和憲, 村田健史, 木村映善, Grid Datafarm における太陽地球系観測データの大規模統計解析システムの構築, 2007年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集, Vol,2007, No.1, p.77, Jan. 2007.
  • 今岡通博, 村田健史, 木村映善, 加地正法, 高橋良司, 点字プリンタのLAN共有システムの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.506, pp.1-6, Jan. 2006.
  • 江越貴広, 村田健史, 木村映善, 吉松靖文, BREWアプリを用いた自閉症児のための生活支援ツールの研究開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.505, pp.1-6, Jan. 2006.
  • 大屋紀和, 村田健史, 木村映善, 福祉地理情報データベースの設計と福祉シティマップの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.506, pp.13-18, Jan. 2006.
  • 加地正法, 木村映善, 村田健史, 今岡通博, 点字用XML(BrailleML)の研究, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.506, pp.7-12, Jan. 2006.
  • 小林敏泰, 村田健史, 木村映善, 遠隔パソコン要約筆記システムの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.506, pp.55-59, Jan. 2006.
  • Watari, S., Murata K. T., Ogino, T., Iyemori T., Yumoto K., Takahashi M., Nobukiyo, K., Kimura E., Shimazu, H., Kitamura, Y., Kitamura, K., Shinohara M., Kikuchi, T. and Igarashi, K., Space Weather Information Network on JGNⅡ, Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, Vol.52, No.3/4, pp.141-149, 2005.
  • 木村映善, 川原稔, 村田健史, 地域における大学の役割の捉え直しに伴う地域IXの構想について ~ e-Learning・教育コンテンツの地域への開放のインフラとして ~, 電子情報通信学会技術研究報告 SITE2005-42 (2005-10), pp.7-10, Oct. 2005.
  • 藤吉賢, 村田健史, 吉松靖文, Joanne M. Cafiero, 木村映善, 移動携帯端末による自閉症児のための多機能タイムエイドの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.636, pp.25-30, Jan. 2005.
  • 吉松靖文, 村田健史, 藤吉賢、村田健史, 自閉症児への携帯型タイムエイド(RAINMAN Toolkit)の適用, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.636, pp.31-36, Jan. 2005.
  • 亘慎一, 村田健史, 荻野竜樹, 家森俊彦, 湯元清文, 高橋真理子, 信清憲司, 木村映善, 島津浩哲, 北村泰一, 北村健太郎, 篠原学, 菊池祟, 五十嵐喜良, JGNⅡによる宇宙天気情報ネットワークの構築, 情報通信研究機構季報, Vol.51, No.3/4, pp.127-134, 2005.
  • 今岡通博, 村田健史, 池田尚志, 藤吉賢, 電子文書点字化のための前処理フィルタを活用した遠隔点字印刷システム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.234, pp.19-24, Jul. 2004.
  • 今岡通博, 村田健史, 池田尚志, 藤吉賢, 電子文書点字化のための前処理フィルタと遠隔点字印刷による視覚障害者への情報保障システム, 第18回日本エム・イー学会秋季大会プログラム・論文集, 第42巻, 特別号Ⅱ, p.175, Nov. 2004.
  • 今岡通博, 村田健史, 大屋紀和, 山本昭廣, 福祉地理データベースを活用したカーナビゲーションシステムの開発, 第18回日本エム・イー学会秋季大会プログラム・論文集、第42巻, 特別号Ⅱ, p.172, Nov. 2004.
  • 今岡通博, 村田健史, 大屋紀和, 山本昭廣, 福祉地理データベースを活用したカーナビゲーションシステムの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.234, pp.13-18, Jul. 2004.
  • 大屋紀和, 村田健史, 今岡通博, 福祉地理情報データベースの設計とバーチャル福祉シティの提案, 第18回日本エム・イー学会秋季大会プログラム・論文集, 第42巻, 特別号Ⅱ, p.174, Nov. 2004.
  • 大屋紀和, 村田健史, 今岡通博, 福祉地理情報データベースの設計とバーチャル福祉シティの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.234, pp.7-12, Jul. 2004.
  • 木村映善, 村田健史, 太陽地球系観測メタデータベースのGird Service移行を考慮したWeb Service実装について, 分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2004, pp.99-104, Dec. 2004.
  • 藤吉賢, 村田健史, 吉松靖文, 移動携帯端末による自閉症児のための生活支援ツールの開発, 第18回日本エム・イー学会秋季大会プログラム・論文集, 第42号, 特別号Ⅱ, p.173, Nov. 2004.
  • 村田健史, 木村映善, 大屋紀和, 遠隔地からの要約筆記システム実験, 第18回日本エム・イー学会秋季大会プログラム・論文集, 第42巻, 特別号Ⅱ, p.172, Nov. 2004.
  • 藤吉賢, 村田健史, 吉松靖文, PDAによる自閉症児のためのタイムエイドツールの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.103, No.116, pp.31-36, 2003.
  • 村田健史, 池田尚志, 遠隔地からの点字出力システム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.103, No.116, pp.25-30, 2003.
  • 村田健史, PDAによる自閉症児のためのタイムエイドツール, ヒューマンインターフェイス学会研究報告集, Vol.4, No.4, pp.49-52, 2002.
  • 村田健史, 無線LANを使った障害者と健常者のコミュニケーションシステムの提案, 愛媛大学工学部紀要, Vol.19, pp.411-418, 2000.

収録論文(国内シンポジウム)

  • 村田 健史, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 渡邉 英伸, 是津 耕司, 北本 朝展, 篠原 育, 笠原 禎也, 能勢 正仁, 岡田 雅樹, 小嶋 浩嗣, 山本 和憲, 専門知のための科学データ融合表示ツール, 情報知識学会誌, Vol.24,No. 2, pp.118-124, 2014
  • 渡邉英伸, 亀澤祐一,高杉英利,平野一樹,今井潔,村田健史,建部修見,"広域分散ファイルシステムGfarmのSLA評価手法,"インターネットと運用技術シンポ ジウム2013(IOTS2013)論文集, pp. 9-16, 2013年12月.
  • 渡邉英伸,村田健史,"NICTサイエンスクラウドの取り組みについて," アカデミッククラウドシンポジウム2013,北海道大学,Sep., 2013.

研究会報告

  • 渡邉英伸,黒澤隆,村田健史,木村映善,建部修見,"UDTを用いた並列ファイル転送ツール基本性能評価," 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.256, IA2013-42, pp.7-12, Oct., 2013.
  • 村田健史,磯田総子,渡邉英伸,深沢圭一郎,鵜川健太郎,村永和哉,鈴木豊,黒澤隆,木村映善,建部修見,田中昌宏,山本和憲,長妻努,津川卓也,佐藤晋介,笠井康子,"NICTサイエンスクラウド:地球規模観測ネットワークからのデータ収集・データベース・データ処理," 電子情報通信学会技術研究報告, パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU),Vol. 113, No. 230, PRMU2013-61, pp.23-28, 幕張メッセ国際会議場,Oct., 2013.
  • 磯田総子,村田健史,渡邉英伸,深沢圭一郎,山本和憲,久保田康文,笠井康子,佐藤晋介,鵜川健太郎,村永和哉,鈴木豊,黒澤隆,木村映善,建部修見,田中昌宏,"NICTサイエンスクラウド:地球科学・宇宙科学ビッグデータ分散処理技術," 電子情報通信学会技術研究報告, パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU),Vol. 113, No. 230, PRMU2013-62, pp.29-34, 幕張メッセ国際会議場,Oct., 2013.
  • Murata, K. T., Watanabe, H., "A new technique for large-scale plasma wave data analysis via science cloud",2013 Asia-Pacific Radio Science Conference (APRSC13), Taipei, Taiwan, Sep. 3-7, 2013.

口頭発表,ブース展示,ポスター発表

  • 渡邉英伸,黒澤隆,村田健史,"広域分散ファイルシステムGfarmと連動した高速ファイル転送ツール," 情報地球惑星科学と大量データ処理, 日本地球惑星科学連合連合大会2014(JpGU2014), Apr., 2014.
  • 渡邉英伸,上野宣,村田健史,"NICTサイエンスクラウドセキュアWebアプリケーション開発手順書," 第4回地域間インタークラウドワークショップ,日本学術振興会産学協力研究委員会インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 地域間インタークラウド分科会 (RICC),Mar., 2014.
  • 渡邉英伸,村田健史,"超高速データ入出力技術の紹介とその応用の募集," 平成25年度東京都広域産産連携支援事業第4回コラボレーション研究会,情報通信研究機構,Nov., 2013.
  • Murata, K. T., Watanabe, H., Ukawa, K., Yamamoto, K., Zettsu, K., "Solar-Terrestrial Physics (STP) database system designed for Linked Open Data and Semantic Web based on RSS1.0 and RDF,"The 3rd Joint International Semantic Technology Conference "Data Science and Semantic Technology", Seoul, Korea, Nov. 28-30, 2013.
  • Watanabe, H., Murata, K. T., "High-speed Data I/O Performance on The NICT Science Cloud", SC13, Denver, CO, USA, Nov. 17-22, 2013.
  • Murata, K. T., Watanabe, H., "NICT Science Cloud: A new approach to regional collaboration in space weather research and operation", The 2nd Asia-Oceania Space Weather Alliance Workshop (AOSWA2013), Kunming, China, Nov. 4-7, 2013.
  • 磯田総子, 村田健史, 深沢圭一郎, 久保田康文, 山本和憲, 海老原祐輔, 才田聡子, 渡邉英伸, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 建部修見, 田中昌宏, 木村映善,"グローバルMHDシミュレーションの3次元可視化技術の紹介," 第134回SGEPPS総会および講演会,高知大学,Nov., 2013.
  • 村田健史,渡邉英伸,"ビッグデータ時代の科学研究技術:データ指向型研究を支えるマッシュアップ技術," 第34回インターネット技術第163委員会研究会(ITRC meet34),グランドプリンスホテル広島,Nov., 2013.
  • Murata, K. T., Watanabe, H., Yamamoto, K., Isoda, F., Kimura, E., Tatebe, O., Tanaka, M., Ukawa, K., Muranaga, K., Suzuki, Y., Mizuhara, T., "NICT Science Cloud: Distributed Storage System and Parallel Data Processing Applicable for Polar Research Data," International Forum Polar Data Activities in Global Data System, Tokyo, Japan, Oct. 15-16, 2013.
  • 渡邉英伸,村田健史,磯田総子,建部修見,田中昌宏,木村映善,鵜川健太郎,村永和哉,鈴木豊,"クラウドとビッグデータ時代の可視化," 可視化情報全国講演会2013,会津大学,Sep., 2013.
  • 村田健史,磯田総子,深沢圭一郎,渡邉英伸,建部修見,田中昌宏,木村映善,山本和憲,鵜川健太郎,村永和哉,鈴木豊,"並列分散処理による超高速化可視化手法," 可視化情報全国講演会2013,会津大学,Sep., 2013.
  • 磯田総子,村田健史,深沢圭一郎,渡邉英伸,海老原祐輔,才田聡子,久保田康文,木村映善,"地球磁気圏MHDシミュレーションの高時間分解能可視化," 可視化情報全国講演会2013,会津大学,Sep., 2013.
  • Watanabe, H., Murata, K. T. et al., "The NICT Science Cloud for Big Data Sciences" SC12, Salt Lake City, UT, USA, Nov.10-16, 2012.
  • Watanabe, H., Implementation of Live Migration with UDT Protocol, CODATA23, Taipei, Taiwan, Oct.28-31, 2012.
  • 村田健史, 亘慎一, 長妻努, 渡邉英伸, 山本和憲, 久保田康文, NICTサイエンスクラウドの挑戦, 科学情報学研究会・日本学術会議主催学術フォーラム「データと発見」, Sep., 2012.
  • 亘慎一, 加藤久雄, 村田健史, 山本和憲, 渡邉英伸, 久保田康文, 國武学, 宇宙天気情報サービスとデータ処理, 日本学術会議主催学術フォーラム「データと発見」, Sep., 2012.
  • Watanabe, H., Yamamoto, K., Murata, K. T., Watari, S., Nagatsuma, T., Ishibashi, H., Kunitake, M., Tsugawa, T. and Okada, M., A Virtual Observation Network System for Global Ground-Based Observatories, JpGU2012, Makuhari Messe International Convention Complex, Tokyo, May.20-25, 2012.
  • 亘慎一, 坪内健, 加藤久雄, 村田健史, 山本和憲, 渡邉英伸, 久保田康文, 國武学, 宇宙天気クラウドによる情報サービスとデータ解析, 日本地球惑星科学連合2012年大会, May, 2012.
  • Watanabe, H. and Murata, K. T., Space Weather Forecast with GPU Computing and Visualization through 10G Network, Super Computer 11, Washington Convention Center, Seattle, USA, Nov.14-18, 2011.
  • 村田健史, 品川裕之, 亘慎一, 村山泰啓, 山本和憲, 渡邉英伸, 井上諭, 鵜川健太郎, 村永和哉, 木村映善, 深沢圭一郎, 荻野竜樹, 東田学, 建部修見, JGN-XとGfarmによる広域分散ストレージシステムとスパコン仮想化, 第130回 SGEPSS総会および講演会.
  • 村田健史, 久保田康文, 山本和憲, 渡邉英伸, 亘慎一, 深沢圭一郎, 坪内健, 村山泰啓, 鵜川健太郎, 村永和哉, 田中高史, 藤田茂, グローバルMHDシミュレーション磁力線追尾システムの基盤技術検証, 第130回 SGEPSS総会および講演会.
  • 山本和憲, 村田健史, 久保田康文, 渡邉英伸, 亘慎一, 鵜川健太郎, 村永和哉, 國武学, 村山泰啓, 加藤久雄, Gfarm/Pwrakeによる高速可視化技術開発, 第130回 SGEPSS総会および講演会.

上記に含まれない論文・記事・著作物等

  • 亘慎一, 加藤久雄, 村田健史, 國武学, 山本和憲, 渡邉英伸, 久保田康文, 宇宙天気クラウドと情報サービス, 第8回宇宙環境シンポジウム講演論文集, JAXA-SP-11-012, pp.1-6, 2012.

資料

無し

一般記事

  • 村田健史, ペタスケールスパコンによる大規模磁気圏シミュレーション~何をどう準備すればよいのか?, 2007 年度「磁気嵐シミュレータ実現に向けた検討会」, Sep. 2007.
  • 村田健史, 発達障害児の携帯型端末用アプリケーションのためのXMLスキーマおよびオブジェクト設計, 旭硝子財団助成研究成果報告2007, 2007.

国際会議寄与文書

  • Tsugawa, T., Ishii, M., Murata, K. T., Nishioka, M., Nagatsuma, T., Activity report of researches on ionospheric variations and their effects on GNSS positioning and navigation, ITU-R, WP3L-AR, Contrib.8, 2012.

外部機関誌論文

無し

広報関係(新聞、テレビ)

  • 2013/09/17 『情通機構、観測データ高速処理 予測精度向上を支援』(日経新聞朝刊11面)
  • 2012/08/03 『【先端人】情報通信研究機構室長 村田健史氏 使いやすさ徹底追求 ネット上に仮想計算機』(日経新聞朝刊)
  • 2012/06/26 『大量データ 高速分散処理 情通機構、複数コンピューターつなぐ 宇宙や地球環境解析』(日経新聞12面)