NICT logo

システム・リソース

 各画像をクリックすると、詳細情報が表示されます。

 NICTサイエンスクラウドのシステムとリソースを紹介します。

ログイン手順概要


クラウドリソース概要

NICTサイエンスクラウド メニュー

 NICTサイエンスクラウド利用者は、共通に利用できる基本リソース(クラウド共通リソース)とより大規模な研究のためのリソース(クラウド拡張リソース)により研究開発を行うことができます。それ以外に、サイエンスクラウドが提供するアプリケーションおよびが利用できます。また、独自の計算リソースをNICTサイエンスクラウド内にホスティングまたはハウジングすることもできます。ネットワークセグメント(ゾーン)についてはネットワークセグメントをご覧ください。

NICTサイエンスクラウド メニュー

表内をクリックすると、詳細メニューを表示できます。
タイプ概要
クラウドリソース
アプリケーション
・サービス
  • NICTサイエンスクラウドが開発した研究用アプリケーション・サービス
  • サイエンスクラウド上で動作
ハウジング・ホスティング
  • 独自研究環境のサイエンスクラウド移設または構築による研究
  • ハウジング・ホスティングリソースとクラウドリソース間でのデータ交換可

リソース概要

 NICTサイエンスクラウドの各リソースの概要を紹介します。クラウド共通リソースはすべてのユーザが共通に利用できます。データおよびサーバは、一部冗長化されています。クラウド拡張リソースは、主にビッグデータ処理・大規模データ科学のためのリソースです。アプリケーション・サービスリソースは、NICTサイエンスクラウドが提供する各種ハードウェア、ソフトウェア、ツール、システムなどです。
 各リソースの詳細については、クラウドリソース一覧またはサイエンスクラウド事務局までお問い合わせください。


クラウドリソース

 ユーザがログインしてデータ処理を行う計算機リソースです。目的に応じて共通リソースと拡張リソースがあります。

クラウド共通リソース

 フロントエンドストレージにデータファイルを保存することができます。 (ユーザごとの割り当て容量はこちら。追加を希望される場合は、別途申請が必要です。) データファイルは、1日1回、バックエンドストレージにバックアップされています。
 フロントエンドストレージに保存されたデータファイルは、すべてウイルスチェックが行われます。(H.25年度中にサービス開始)
 データ解析サーバでデータファイル処理ができます。(内4台の解析サーバは冗長化されていません。ご注意ください。)
 仮想化サーバ上の解析サーバでデータファイル処理が可能です。解析サーバはマイグレーションされており、障害発生時にはスレーブサーバに切り替わります。 (切り替わりは手動で行いますので、1時間~2日程度必要です。)

クラウド拡張リソース

 クラウド拡張リソースは、主にビックデータ処理等のためのリソースです。リソース一覧(データ処理計算機とストレージ)はこちらをご覧下さい。クラウド拡張リソースでは、メニーコアデータ処理や大規模データファイル処理を行うことができます。
 また、研究目的に応じた定常データ処理環境を提供しています研究プロジェクトに割り当てられるクラウド拡張リソースは、変更になる場合があります。(研究環境の再構築をお願いすることがあります。)定常的な利用が必要な場合は、ハウジング利用または定常処理環境利用をご検討ください。
 クラウド拡張リソース利用には別途申請(こちら)が必要です。


クラウドリソース詳細

サイエンスクラウドの最新のリソース一覧を示しています。

クラウド共通リソース

 クラウド共通リソース利用には利用申請は不要です。IDが発行されたユーザは、共通リソースを利用することができます。

2012/12/28 時点
データ解析サーバ
サーバ名 sc-vis
OS Cent OS 6.3
CPU Intel Xeon 2.40GHz 8コア
メモリ 32GB
論理容量 100G (RAID対応)
回線 1G
仮想化 ○(*1)
NAS接続
アプリ IDL, AVS
開発環境 GCC, Fortran
利用形態 共有利用
NAS(フロントエンド)
台数3台
論理容量60TB(/osn-disk)60TB(/osn-disk01)73TB(/osn-disk02)
RAID構成RAID6RAID6RAID6
1アカウントあたりの容量3TB (*2)
冗長化○ストレージ冗長化 (*3)
*1:仮想化計算機のOS環境は、小金井・けいはんな間で1日毎にバックアップしています。計画停電時や障害時にはサーバの稼働場所を切り替えることで、可用性を保証します。
*2:他アカウントの保存領域にはアクセスできません。他アカウントと保存領域を共有したいユーザはご相談ください。
*3:ストレージに保存されたデータは、小金井・けいはんな間で1日毎にバックアップしています。
ご不明点やアプリ追加要望などがございましたら、事務局までご相談ください。


クラウド拡張リソース

 研究目的・研究内容に応じたクラウド拡張リソースを利用することができます。クラウド拡張リソース利用には利用申請が必要です。利用申請はこちら

2013/02/22 時点
  定常処理サーバ 大規模データ処理サーバ
サーバ名 sc-rtp seg-gfarm n100~n109
台数 1台 10台
OS Cent OS 6.3 Cent OS 5.7
総CPU 2コア 120コア
CPU Intel Xeon 2.40GHz Intel Xeon 3.07GHz
総メモリ 8GB 960GB
総論理容量 100GB
(RAID対応)
1120TB
(RAID対応)
回線 1G 10G
仮想化 ○(*1) ×
NAS接続
アプリ IDL,
AVS
AVS,MPI,
Torque/Maui,Pwrake
開発環境 GCC
Fortran
GCC
利用形態 共有利用 占有利用(*2)
データやサービスの可用性は必ずしも保証されるわけではありません。
年数回、メンテナンスにより停止する場合があります。
ご不明点やアプリ追加要望などがございましたら、事務局までご相談ください。
*1:仮想化計算機のOS環境は、小金井・けいはんな間で1日毎にバックアップしています。計画停電時や障害時にはサーバの稼働場所を切り替えることで、可用性を保証します。
*2:タイムスケジュールの調整が必要ですので、事務局までご連絡下さい。


アプリケーション・サービス

 利用申請を行うことにより、下記のサービスまたはアプリケーションを利用することができます。

アプリケーション
  • NICTサイエンスクラウドが開発した各種アプリケーション・ツール・システムを利用して研究を進めることができます。
  • アプリケーション等はオープンソースではありません。システム開発・改良を行う際は、NICTサイエンスクラウドと協力の下で行っていただきます*2。
  • アプリケーション・ツール・システムの詳細については、NICTサイエンスクラウド事務局までお問い合わせください。
WSDBankアプリケーション(技術紹介はこちら)
  • サイエンスクラウド上にデータを保存または公開するためのWebアプリケーションです。 データファイルはNICTサイエンスクラウドのフロントNAS群に保存され、定期的にバックエンドNASにバックアップされます (図はこちら)。 また、希望者は、開発中の分散ストレージシステム上に地域分散して保存することもできます*3。
バーチャルオーロラツール(可視化用)(技術紹介はこちら)
  • 地球を対象とした3次元流体シミュレーションを時系列可視化するツール(AVS Expressにより実装されています)
広域観測ネットワーク監視システム(Wide-area Observation Network Monitoring system: WONM system)(技術紹介はこちら)
  • 遠隔地の観測施設等に設置することでデータ伝送状況(ネットワークを含む)を監視することができます。
  • 観測施設に設置する小型サーバとデータ監視サーバから構成されています。 (小型サーバを用いずに、観測施設のサーバにシステムをセットアップすることもできます。)
*2:アプリケーションを開発する際は、開発アプリケーションを継続的にサイエンスクラウドで管理・運営するため、サイエンスクラウド担当者と協力して開発を進めていただきます。 また、開発したアプリケーションは、開発終了後(サイエンスクラウド利用終了後)はNICTサイエンスクラウドにご返却ください。 (継続して利用される場合は、サイエンスクラウド利用を継続してください。)
*3:地域分散ストレージは実験開発システムです。データ保存を保証するものではありませんのでご注意ください。

データベース関係
NICTY/DLA(データ収集ツール)(技術紹介はこちら)
  • インターネット上で公開されている各種科学データファイル(特に地球環境・宇宙環境データ)のクローリング(Crawling)を行います。
STARSメタデータベース(データベースアクセスのためのWeb Serviceを含む)
  • 各種宇宙観測データを統合的に解析するツールです。全対象データファイルをカプセル化したクラスライブラリ(SEDOC)のみを利用することもできます。

インターネットサービス
  • NICTサイエンスクラウドの各種アプリケーション、サービスを利用して研究を進めることができます。
  • アプリケーション、サービスの詳細については、NICTサイエンスクラウド事務局までお問い合わせください。
Webコンテンツ・Webアプリケーション公開サービス
  • 仮想化・冗長化されたWebサーバを利用できます。サイエンスクラウド上でのWebアプリケーション開発については、こちらをご覧ください。
 

独自研究環境利用