画面説明

画面一覧

操作方法

表示データを選択する

  • 画面左上のSelect Dataボタンを左クリックすると、データ選択ダイアログが表示されます。
    • 表示可能なデータ一覧がデータ選択ダイアログに表れるので、表示したいデータを左クリックでチェックします。
    • データ選択ダイアログの"Save"ボタンを左クリックすると、データ選択ダイアログが閉じ、チェックしたデータだけがトップ画面に表示されます。
    • データ選択ダイアログの"Cancel"ボタンを左クリックすると、操作をキャンセルしてデータ選択ダイアログが閉じます。

カレンダーから時刻を選択する

  • 画面上部の時刻表示の左側にあるカレンダーボタンを左クリックすると、カレンダーが表示されます。
    • (日付と時刻が設定できる場合の操作方法)
    • 日時を選択して"OK"ボタンを左クリックすると、指定した時間に画面がスライドします。
    • "Now"ボタンを左クリックすると、現在の日時が自動的に設定されます。
    • "Zero-set"ボタンを左クリックすると、時刻が全て0にリセットされます。

時間軸をスライドする

  • 時刻バーの時間軸 or データを左クリックし続けながらマウスカーソルを左右に動かすと、時間軸がスライドします。

時間軸を拡大・縮小する

  • 時刻バーのスライダーを拡大・縮小したい中心に合わせます。
    • 時刻バーのスライダーを左クリックし続けながらマウスカーソルを左右に動かすと、スライダーの位置を調整できます。
    • 時刻バーのスライダーがない場所を左クリックすると、その位置にスライダーが移動します。
  • ズームバーで時間軸を操作します。
    • ズームバーのスライダを左クリックしながらマイナスの方向に操作することで、時間軸が縮小します。
    • ズームバーのスライダを左クリックしながらプラスの方向に操作することで、時間軸が拡大します。
    • ズームバーのマイナスボタンを左クリックすることで、時間軸が1段階分縮小します。
    • ズームバーのプラスボタンを左クリックすることで、時間軸が1段階分拡大します。
  • プロットデータ上でも時間軸が操作できます。
    • プロットデータ上で右ダブルクリックすることで、時間軸が1段階分縮小します。
    • プロットデータ上で左ダブルクリックすることで、時間軸が1段階分拡大します。

データ存在バー表示およびプロット表示を切り替える

  • データ名をダブルクリックすると、プロットデータが表示されます。
  • プロット(コンポーネント)名をダブルクリックすると、データ存在バー表示に戻ります。

プロットデータをスライドする(一部データのみ可)

  • プロットデータを左クリックし続けながらマウスカーソルを上下に動かすと、プロットデータがスライドします。

プロットデータを拡大・縮小する(一部データのみ可)

  • プロットデータ上でマウスホイールを回すことで、プロットデータのスケールが変化します。
    • マウスホイールを手前に回すことで、データのスケールが縮小します。
    • マウスホイールを奥に回すことで、データのスケールが拡大します。

プロットデータの0軸表示を切り替える(一部データのみ可)

  • プロットデータの右側にある0Axisボタンを左クリックすることで、プロットデータの0軸表示が切り替わります。

プロットデータの色を切り替える(一部データのみ可)

  • プロットデータの右側にあるcolorボタンを左クリックすることで、プロットデータの色が切り替わります。

データを並べ替える

  • プロット(コンポーネント)名を左クリックし続けながらマウスカーソルを上下に動かし、データの並びに隙間ができたときに左クリックをやめると、その位置にデータが移動します。

データを重ねる

  • プロット(コンポーネント)名を左クリックし続けながらマウスカーソルを上下に動かし、データが重なっているときに左クリックをやめると、半透明になったデータが重なりあいます。

データを追い出す

  • プロット(コンポーネント)名を左クリックし続けながらマウスカーソルを上に動かし、データがプロットエリア外に出たときに左クリックをやめると、選択したデータが追い出されます。

データファイルをダウンロードする(一部データのみ可)

  • データ存在バーにマウスカーソルを合わせ、ダウンロードアイコンに変わった場所で左クリックすると、対象データの詳細ダイアログが表示されます。
    • 詳細ダイアログには、画像・イベント・論文などの対象データに関連する情報が表示されます。
    • また、詳細ダイアログに"download"リンクが存在する場合には、このリンクを左クリックすることでデータファイルのダウンロードができます。
    • 右上の"×"ボタンを左クリックすることで、詳細ダイアログが閉じます。

現在表示中の画面へアクセスするURLを取得する

  • 画面左上のView URLボタンを左クリックすると、URL参照ダイアログが表示されます。
    • URL参照ダイアログの現在表示中の画面にアクセスするためのURLが表示されるので、URLを範囲選択してコピーします。
    • URL参照ダイアログの"×"ボタンを左クリックすることで、URL参照ダイアログが閉じます。